« 小説『シェークスピアの呪い』(6) | トップページ | ユダヤ戦争とキリスト教(2) »

2014年5月17日 (土)

ユダヤ戦争とキリスト教(1)

『ユダヤ戦争(紀元66年~70年)』というのは、パレスチナを中心に、『ユダヤ民族』が支配者『ローマ帝国』に反抗して武装蜂起した事件です。『キリスト』の処刑後約40年程度後のことです。パレスチナ以外の外国にも『ディアスポーラ』と呼ばれる『ユダヤ人居住区』があり、ここでも呼応して『ローマ帝国』に対して武装蜂起がありましたが、こちらは直ぐに鎮圧されてしまいました。

パレスチナでは、最初武装蜂起軍が勝利しましたが、『ローマ帝国』は威信をかけて皇帝や皇帝の息子を総司令官に立て、最後は鎮圧に成功します。虐殺、破壊はすさまじいもので、特にユダヤ人の精神的な支えであった『エルサレムの神殿』も徹底破壊されました。この時神殿にあった『宝物』は、『ローマへ持ち去られた』『ユダヤ人によって秘匿され、後の十字軍(テンプラー騎士団)が発見した』などの憶測が今でもあり、多くの『歴史ミステリー小説』の題材になっています。

『ユダヤ戦争』は、ユダヤ民族の蜂起であり、『キリスト教』や『キリスト教徒』は直接関与していませんが、『宗教活動』は大きな影響を受けました。この時期、現在で言う『キリスト教』は確立していたとは言えず、『ユダヤ教の新しい宗派』の色彩が濃いものでした。

このグループだけでなく、全ての『ユダヤ教各派』が戦争によって大打撃を受けたことになります。

特に、武装蜂起を主導したのは過激な『ゼロテ派』であると考えられていて、敗戦で凋落してしまいます。『エルサレム神殿』で神事を行うことを主にしていた『サドカイ派』は、神殿がなくなって権威を失墜してしまいます。結局穏健な『ファリサイ派』が、『ローマ帝国』の暗黙の支援も得て、敗戦後のユダヤ社会を立て直す中心になります。

『イエス・キリスト』が活動していたころ(紀元元年から30年代前半)のユダヤは、『ローマ帝国』支配に反抗する気運がある一方、『ユダヤ教各派』が乱立し、観方によれば、『宗教』に活気があったと言えます。こういう情勢であったからこそ『イエス・キリスト』が出現し、『危険思想人物』として処刑されたとも言えます。

しかし、『ユダヤ戦争』後の、ユダヤ再興の主導権を、保守的で戒律を重視する『ファリサイ派』が握ったことで、『ユダヤ教』は、むしろ硬直したもののなり、その影響が今日にまで及んでいます(『ユダヤ教』は今日でも非常に戒律に厳しい)。

『初期のキリスト教』は、『ユダヤ教』とつかず離れずの関係を維持してきましたが、『ファリサイ派』が主流になることで、『決別せざるを得ない状況』に追い込まれたのではないでしょうか。『ファリサイ派』からみれば、『パウロ』などユダヤ的戒律をあまり重視しない人が含まれる『初期のキリスト教』は看過できない存在であったからです。その意味で『ユダヤ戦争』は、『キリスト教』の歴史に大きな影響を及ぼしたことになります。

言い換えれば、『キリスト』の死の約40年後に、『キリスト教』は『ユダヤ教』から決別せざるをえない状況に追い込まれたことになります。

もう一つ、『キリスト教』の歴史に影響を与えた事件が、ローマ皇帝『ネロ』の『キリスト教徒迫害政策(紀元65年)』です。

このことは、当時(キリストの死後約30年)パレスチナから遠く離れた『ローマ』に、皇帝が無視できないほどの『キリスト教徒』勢力が存在していたことを示しています。また、皇帝が『迫害』をしたのは、『ユダヤ民族』ではなく『キリスト教徒』であることも重要です。つまり、『キリスト教徒』は、民族を越えた集団になっていた事を示しています。『キリスト教』の非民族依存性は、後の布教で重要な役割を演じます。

『ネロ』皇帝の命令で、属州であったユダヤでも『キリスト教徒弾圧』が行われたに違いありません。

初期の『キリスト教』にとっては、中心的な役割を演じた、『ペテロ(12使徒の一人)』『パウロ(外国への布教中心)』『イエスの兄弟ヤコブ(エルサレム教会の長)』の3人が、この時期に歴史から姿を消しています。

3人については、色々な伝聞がありますが、いずれも政治的に捕えられ、処刑されたのではないかと推察されます。

『ユダヤ教』から『決別』せざるをえなくなった『キリスト教』は、中心的指導者を失った上に、ユダヤ以外の地域(外国)を中心に、布教を進めることになりますが、この時『キリスト教』の『権威』を何に求めるかが、あらためて問われることになったはずです。

|

« 小説『シェークスピアの呪い』(6) | トップページ | ユダヤ戦争とキリスト教(2) »

コメント

スーパーコピーブランド通販 ブランドスーパーコピー格安買取
価値あるスーパーコピー財布、バッグのルイヴィトンコピー販売専門店
日本最大級スーパーコピー、通販、ヴィトンコピー、代引き、レプリカ、財布
激安、卸売り、偽物、シャネル財布、バッグ、時計、代金引換、スーパーコピー専門店販売送料無料。

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
ブランドコピー https://www.watcherdg.com/index.html

投稿: ブランドコピー | 2020年6月 2日 (火) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説『シェークスピアの呪い』(6) | トップページ | ユダヤ戦争とキリスト教(2) »